読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

終わったことより目の前のことに全力をというイチローの思考パターン

メジャー通算でも、3000本安打まであと少しにせまり、日米通算だと4000本安打をはるかに超えた記録を持っているのがイチロー選手です。
もう少し試合に出してあげば、もっともっと打つのにと思うのであるが、やはり歳のせいか、全盛期のころに比べれば、やはりスイングのスピードや足の速さ、肩などにも衰えは見えてきています。

過去の栄光にこだわらず、淡々と目の前の仕事に取り組む天才

イチローというと、いろいろなことが言われていますが、なんていってもイチローの凄さは、淡々と仕事に取り組む姿勢ではないでしょうか。
外野を守っていても、常に柔軟体操をして体をケアするなど日頃からの体のケアをかかさず、やるべき目の前のことを黙々とやっているという感じです。

別にすごい特別なことをやっているわけでもないでしょうが、当たり前のことを毎日、決められたように繰り返す、簡単そうにみえて難しいことです。
イチローの考え方は、過去の記録を考えず、今、目の前の仕事に没頭するということです。

普通は、これだけの大記録をもっていると、過去の記録にしがみついたりするものですが、イチローはたとえ記録が途絶えたときも平常心をくずさずに淡々とやるべきことをこなしています。

うまくいっても、うまくいかなかったとしても、終わってしまったことをいつまで考えていても仕方ない。
そんなものは、自分の脳裏からきれいさっぱり忘れて、今、目の前のことに全力をつくす、このイチローの思考パターンがあったからこそ、イチローは天才バッターになれたのかもしれません。

ビジネスの成功の鍵とも言える思考パターン

社会でも、仕事を失敗して、少し上司にしぼられると、しゅんとなって消極的になってしまう新人がいると思えば、ちょっとたまたま良い成績を出して褒められると天狗になって、その栄光にいつまでもすがっている社員がいたりします。

天狗になるのはもってのほかでしょうが、ミスをしてしゅんとなるのも問題です。確かに、ミスをして一番ショックなのは、叱っている上司よりも実際にミスを犯してしまった本人でしょうから、落ち込んだり、しゅんとなるなというほうがムリなのかもしれません。

もちろん、反省はしないといけませんが、イチローのように、終わってしまったことは、もう終わってしまったこと。覆水盆に返らずではないですが、いつまでも悔いていてもしかたがない。

それよりも、挽回のためにも、今、自分の前の仕事に全力を傾けようという思考は、プロ野球の選手だけでなく、一般のビジネスの社会にも通じるものなのでしょう。