読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

禁煙デー、スモーカーズフェイスになっても喫煙しますか?

5月31日、今日は禁煙デーということで、今日から一週間、5月31日から6月6日までは禁煙週間になっています。

タバコは百害あって一利なしと言われるほど健康に悪影響を与えることが明らかんいなっていて、がん、循環器関連疾患などの生活習慣病を予防する上でも禁煙は重要です。

百害あって一利なしのタバコ、一層のこと法律で販売禁止にすれば?

こんなことをいうと、愛煙家から大クレームがきそうであるが、タバコ嫌いからすると、きちんとルールを守って、離れたところで吸ってくれればいいのだが、人前で吸ったり、歩きタバコをしたり、他人に副流煙を吸わせて平気なツラをしてる連中をみると、正直、世の中からタバコがなくなり、販売を中止してしまったほうがいいとさえ思ってしまう。

自分達が勝手にタバコすって早死にしようが個人の勝手だが、副流煙で他人を巻き込まないでほしい。

厚生労働省では、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して ~たばこの煙から子ども達をまもろう~」として、啓発活動を続けていて、「たばこの煙にさらされることからの保護に関するガイドライン」が採択されたことを受けて、日本でも平成22年2月に基本的な方向性として、公共の場は原則として全面禁煙であるべきなどを示した通知も出されています。

こんなことであれば、一層のこと世界でタバコ販売中止としてしまえば良さそうなもので、私を含めタバコを吸わない人からしてみれば、タバコの販売自体を禁止するか、タバコにべらぼうに高い高い税金を課すことにすればと思ってしまう。

たとえば、タバコ1箱5000円にして、それでも吸って早死にしたい奴は、勝手にどうぞ!
ここまでされると、さすがに吸う人は激減するだろう。

喫煙者は、肌の老化が早い

最近では男性よりも、むしろ女性の喫煙者が増えているようであるが、喫煙者は、吸っていない人に比べて肌の老化が速く進み、年齢よりも老けて見えるといわれています。

醜い顔、スモーカーズフェイスになりたければタバコを吸いなさい

タバコを吸うことにより発生する活性酸素により真皮のコラーゲン線維が破壊され細く短く劣化します。
こうして肌のハリがなくなってくるばかりか、タバコに含まれるニコチンが血流を悪くして肌へ栄養が行きわたりにくくなります。

さらに、タバコのタール、つまりヤニが歯についたり、顔付近について黒ずんだ角栓を形成したりして、肌が汚くなってきます。

タバコを吸うことでなった酷い顔は、 『スモーカーズフェイス』と呼ばれたりします。
英国のBBC放送が22歳の双子が40歳になったときの予想画像を発表しています。

 f:id:yakujiman:20160531214751j:plain

www.no-tabaco.com

 

片方がタバコを吸い続けた場合で、もう片方が全くタバコを吸わなかった場合です。

スモーカーズフェイスは、口臭があり、白髪や脱毛が目立つようになり、女性ホルモンの分泌も低下して、ヒゲが濃くなったりすることもあります。

 

喫煙はダイエットにならないし、うつ病のリスクを高める

喫煙は、なにも生活習慣病のリスクを高めるだけにとどまりません。

そんなことをいっても、タバコを吸うことはダイエットにつながるんだなんていう人もいますが、これは大ウソです。
なぜならば、喫煙することによってインスリン抵抗性があがり、高血糖状態が続きやすくなります。
すると、肌が黄色にくすみんだり、茶色にくすんだりし、生活習慣病のリスクも高めてしまいます。

また、外国の研究報告では、喫煙者は、男女ともにタバコを吸わない人の2.9倍、うつ病を発症するリスクが高くなるというデータも出ています。