読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

お金もかけず、会社のディスクでできる自然セラピー

自然セラピーと都会ストレス

最近の現代人は、IT化が進み、特に都会では街は24時間眠らず、ストレス社会となってきています。
昔なら、地方へ出張ということになると、1日かけて出張先に行き、ゆっくりと出張先の街を堪能し、温泉にでもはいって美味しいものを食べ、ホテルに泊まり、モーニング珈琲を飲んでから、朝の会議にしょっと出席し、列車に乗り込み、その中で昼食のお弁当を食べ、夕方、会社にはよらず、直接帰宅なんていうことも考えられましたが、今は違います。

新幹線で、東京から名古屋・大阪なら半日出張

東京の本社から、8:30から始まる名古屋支社の会議に出席するときは、前泊なんかさせてもらえません。
前日、たっぷり夜の10時まで仕事をしてから帰宅、そして翌朝は東京駅に6:30。
のぞみに乗れば、東京⇒名古屋は、2時間もかからない。1時間40分でついてしまう。
6:30東京駅につけば、名古屋支社が名古屋駅の近くにあるのなら、8:30からの会議に間に合ってしまう計算だ。

2時間ほど会議があったとして、終わるのが10:30。
上手くすれば、12:30には東京に戻ってこれる。新幹線の中で弁当を食べ昼食を済ましておけば、東京の本社で1時からの会議に余裕で間に合ってしまう。

つまり、名古屋・大阪ぐらいなら、半日で日帰り出張でき、午後からは本社で仕事ができるというせわしない時代。
これでは、気が休まる間もなく、ストレスはたまる一方です。

便利になったはずなのだが、「誰だよ!新幹線なんか作ったのは・・・」などと思ってしまう人もいるかもしれません。

注目される自然セラピー

こうした都会人のストレスを癒やすものとして注目を浴びているのが、『自然セラピー』です。
ある実験で、同じ人が都会と森の中にいるときを比較したところ、都会でのストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を100とすると、森の中では87.3%になっていることがわかっています。
リラックス神経と言われる副交感神経は、都会では100だったのに対し、森の中では、203と活性化しています。
まさに、森林浴をするとリラックスできると言われていますが、それを証明した形になっています。

会社でも簡単に自然セラピーを行う方法

なんだ、森の中に行かなくちゃダメなのかよ!と思ったかもしれませんが、実は森に行かなくてもいいのです。
実際に森の中に行ったときほどは効果がないにしても、目の前にバラの花30本を置くと、やはり副交感神経の働きが活発したという結果がでています。さらに、パソコンにうつった花の映像でも、植物の香りを嗅いだ時にも、同様に副交感神経の活性化がみられ、リラックス効果があることがわかっています。

職場のディスクに、ちょっとした花や観葉植物がある、あるいはそこまで出来なくても、パソコンの壁紙に自然の映像を映すといったことをするだけでも、仕事のストレスが軽減されるかもしれません。

好きなアイドルの写真を壁紙にするのも良いですが、最近ちょっとストレスがと感じたときには、気分転換にたまには自然を写した壁紙に変えてみても面白いかもしれません。