読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

腸の防衛システム、パイエル板と腸内細菌

人間を病気から護ってくれているもの、それが免疫力ですが、この免疫力はどこを中心に働いているかというと、それが『腸』なのです。

免疫システムの最前線基地である腸

腸はいわば免疫システムの最前線基地とも言えます。
なぜならば、体の免疫系細胞の約7割は腸粘膜に集中しているからです。そしてこれらの免疫系細胞を活性化させているのが、腸内細菌になるのです。

最近では、整腸剤だでなく、特定保健用食品や機能性のヨーグルトなど、乳酸菌の役割が注目されきています。
免疫細胞の高さは、腸内細菌によって決まっているといっても過言ではないくらい、腸は免疫系にとって重要な臓器になっています。

内なる外である腸

腸は、内なる外です。
どういう意味かというと、腸は口から肛門に至るまでの消化器系で、これは1本の管のようなもので、外界と通じています。
言ってみれば、ちくわの穴の内壁といっても良いでしょう。

内なる外というのは、腸自体は体の内側にありますが、実は外界ともつながっているということです。
外界とつながってるから、よからぬ者たちも侵入してきやすくなっています。それはウイルスや細菌などの病原菌ウイルスであったり、花粉等のアレルゲンであったり、その他食中毒菌などの有害物質も入ってきたりします。

そこで、腸はこうしたものを防ぐために、免疫細胞の多くが集まっているのです。

パイエル板とは何?

パイエル板は、腸粘膜のひだにある独特の免疫組織です。
パイエル板や腸管上皮間のリンパ球によって、侵入していきた病原菌や有害物質を攻撃し排除しますが、この働きを高めているのが腸内細菌になります。
つまり、腸の免疫細胞と腸内細菌が力を合わせて病原菌や腸内細菌をやっつけていることになります。

十手持ちの腸内細菌

腸内に病原菌や有害物質などの異物が侵入すると、たくさんの腸内細菌が腸壁を覆って侵入者が入り込むのをブロックして、孤立した侵入者を免疫細胞が取り囲んで攻撃するような捕り物劇のようなことが行われます。

この捕り物劇で、悪者を取り囲む十手持ちにあたるのが腸内細菌ですが、十手持ちも「御用だ、御用だ!」と大人数いたほうが、悪者を取り押さえられる確率がアップします。

腸内にもたくさんの種類の腸内細菌が数多くいるほうが、侵入をブロックする力があるといえます。
つまり免疫力の高さは、バランスがとれた腸内環境で、腸内細菌が元気に活動できるかどうかによって大きく変わってきます。

つまり日頃から食事にも気をつかって、腸内細菌を多く増やしておくということも大切なことなのです。