読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

24時間マラソンの林家たい平師匠の芸に隠された思いと妻

林家たい平さんは、好きな落語家の一人です。24時間チャリティーマラソン、お疲れさまでした。

f:id:yakujiman:20160828224650j:plain


たい平さんは、笑点の中でも老若男女問わず、幅広く人気があります。
クリクリした大きな目、なんといったも屈託のない人懐っこい笑顔、さらには陽気で明るいキャラクター。
マラソンの途中も苦しかったこともあっただろうに、常に笑顔を振りまいていたたい平には好感がもてました。
24時間マラソン、笑顔で100.5kmを完走した林家たい平師匠、走行距離は、桂歌丸師匠の本名である椎名巌(しいな・いわお)を文字って「いわおGO!」から、100.5kmとなったようです。

たい平師匠の人柄が出た100.5km

たい平師匠は、常に沿道の人に笑顔で接しておられましたし、最後は深々と丁寧すぎるほど周りに頭を下げて挨拶をされていました。

f:id:yakujiman:20160828224724j:plain

たい平師匠の人柄の良さが表れていた感じです。
落語家という、常に人を楽しませ、笑わせる職業から、自分が苦しいときでも常に笑顔を作ってという姿を見ていると、落語家も大変だなとつくづく感じました。

たい平師匠の芸風

たい平師匠というと、笑点で、「看板は!森進一です!」と言ったり、フナッシーやネバール君のモノマネをしたり、打ち上げ花火でヒュゥ~~~ドン ドン ドンとやってみたり、そのエネルギッシュな演技にギャグをポンポン放り込んできていて、子供に人気が高くなっています。
なんといってもすごいと思うのが、鶏などの堂没の形態模写、森進一さんや美輪明宏さん、瀬川栄子さん、大滝秀二さんなど、物まね大会に出ても恥ずかしくないクオリティーの高いところに加え、そこにノリの良いオヤジギャグをかましてるは、子供達にも人気でしょうし、オヤジギャグにおやじも大喜び、近代芸人風のノリも女性たちにウケています。
師匠のこん平さんが体調をくずされ、急遽笑点という日本テレビの大看板番組の代役メンバーとなり、落語界の重鎮達の中という大きなプレッシャーの中、いろいろと芸を磨き、自分なりの芸風を磨き上げていったところは、笑顔の下に隠れた本人の努力と研究・精進があったのでしょう。
笑点メンバーでは、林家三平師匠に次いで若いのですが、なんと2男1女のパパです。
笑点では、埼玉県秩父出身であり、ときどき山梨県大月出身の三遊亭小遊三師匠と、大月秩父代理戦争ネタで盛り上げてくれています。
笑点では、リクルートに勤務し、フリーアナウンサーもやっていて田鹿千華さんと結婚されていますが、笑点ではこの千華さんのことをいじって、歌丸さんの冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介しています。
持ちネタのレパートリーの多さは、常に研究を・精進を重ねて来たたい平師匠の努力の賜物でしょう。

たい平師匠の山田くんいじりに隠された思い

たい平の持ちネタには、もう一つ、山田くんいじりがあります。
実は、これはたい平さんの師匠である林家こん平師匠が、山田くんをいじっていたのを受け継いでいます。
たい平師匠が話していたわけではないので、本当のところはわかりませんが、たい平師匠に山田くんいじりには、いろいろな思いが込められているのだと思います。

師匠こん平さんが元気になって戻ってくるまで、オレンジの席は俺が守る!

こん平師匠が戻ってくるまで、この席は俺が守るという気持ちから、こん平師匠のオレンジ色の羽織を受け継ぎ、こん平さんの山田くんいじりという末席の役割を受け継いだのでしょう。
明るく元気なキャラというのも、こん平さんのキャラとかぶっていますが、そういったこともこん平さんの席ということを意識されているのかもしれません。

山田くんへの愛情の裏返し

笑点をみていると、だいたい1~2回、山田くんをいじっているたい平師匠ですが、これは座布団運びの山田くんへのたい平さんへの愛情なのでしょう。
芸人さんは、テレビでからまれてなんぼですから。
司会者が山田くんを指すわけにはいかないので、たい平師匠が山田くんに振ってあげているのでしょう。

とにかく、たい平さんの持ちネタのレパートリーの多さは、常に研究を・精進を重ねて来たたい平師匠の努力の賜物でしょう。

妻の千華夫人は本当に恐妻なの?

ネタでは、歌丸さんの冨士子夫人を上回る恐妻としていますが、実際にはどうなのでしょうか。
もちろん、他人のご家庭の内部事情までは知りませんが、実は、たい平師匠の事務所代表でもあり妻でもある千華夫人は、ブログをやっています。

そのブログでこのようなことを書かれています。

”日テレ『メレンゲの気持ち』からすべての番組に出演。24時間テレビを迎えます。走る前から大変です。昨日は岡山日帰りで最終で東京着。あまり眠れてないんじゃないかな。”
”自分を信じてがんばってもらいたいです。みなさまもテレビでの応援宜しくお願いいたします(*^^*)。”
”自分を信じてがんばってもらいたいです。みなさまもテレビでの応援宜しくお願いいたします(*^^*)。”
”本当に何事もなく100.5キロを完走してほしい! ただただそれだけを願っています。”

ご家族から愛されているたい平師匠、これからもクリクリとした大きな目と愛くるしさで、笑いを提供してください。