読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

英会話の能力を飛躍的に向上させる学習法

英会話の能力を飛躍的に向上させる学習法

英会話の学習に効果的なのは、暗唱学習です。

日本人がなかなか英語が上達しない理由

最近では、だいぶ改善されてきて英語の授業にもリスニングに使う時間が増えてきたり、英会話を取り入れるようになってりしてきていますが、それでも日本の学校での英語教育は、その多くの時間が訳読作業に使われています。
つまり、暗唱するのではなく、英語の理解が中心の授業になっています。

受験においても、英文を訳させたり、英文の大意をつかませたり、英文を言い換えさせたりという問題が多くなっています。
つまり、多くが目から入って頭で理解する学習をしています。

ところが実際に日常会話は、相手が話していることを理解して、そして自分が意図するところを話すことになります。
普段の学習で、英文をみてそれを訳したり、意味をつかむことに時間をついやしてきた日本人は、どうしても、英会話に必要なリスニングとスピーキングの力が弱くなってしまいます。

日本の英語の学校教育と英会話の違い

日本の英語の学校教育は、英文を見て、英文法や構文を駆使して、そこに英単語を当てはめて、英語を理解する理解学習が中心になっています。
より多くの英文法ルールを知っていて、多くの英単語を覚えて、英語の力をつけていくような学習法になっています。
これでは、左脳の浅い学習会路を使う学習法になってしまいます。

だからこそ、スピードが要求される英会話、英語を話す能力には結びつきにくくなってしまうのです。

英会話力を高めるのには、暗唱が一番

英語を学校教育とかいって、学問としてとらえてしまうところに問題があります。
語学というものは、コミュニケーションのツールであり、学問・受験科目というものというよりは、言語であり、学習するというよりは慣れるものです。

どうやるのかというと、毎日30分でいいので、CDなどを聞いて英語を音読するのです。
ここで注意があります。

大切なのは音読するということです。
黙読していたのでは、英語を話す能力は身につきません。

英語を話すには口を動かしますが、口を動かさないのでは話す能力がつかないのも当然といえば、当然といえるでしょう。
つまり、ただ英語を聞き流しているだけではダメなのです。

よく、英語を聞き流しているだけで、英語が話せるようになるという教材がありますが、それで話せるようになるのはよほど頭がいい人か、センスがある人といってもいいでしょう。
やはり音読をすることがとても大切なのです。

たった60日で英語が話せるようになる究極の方法 【7+English】

60日で英語を効率的に話せるようになる 【7+English】 という教材があります。

9月2日まで大幅値下げ期間であるうえに、8月中に申し込むと7つの特典がついています。

7つの特典だけもすごく価値があるものです。

詳しくは、

goo.gl