読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

私は大丈夫!と思っている人ほど危ない、熟年うつ病

熟年うつ秒は、熟年世代のうつで、喪失体験がきっかけになることが多いところが、若い世代のうつ病とは違います。

熟年うつ病


熟年うつ病は、子供に自律とともに、定年退職や体の衰えといった熟年世代になれば誰でも経験する人生の変化において現れてきます。
この人生における変化を、マイナスに捕らえてしまうと、心の喪失を感受委、気分が落ち込んで、うつ病へとつながっていってしまいます。

子供の自立の受け止め方で、うつになりやすいかどうかがわかる


結婚して、子供が生まれて、子供を育て、やがて子供は自立していきます。
すると、いままで、「この子は私がいないとダメなんだから」といったことが生きがいになっていたものがなくなり、そこで心の喪失感を覚えてしまったりするものです。」

熟年うつ病になりにくい人の思考

とにかく、ポジティブで、変化を受け止め前向きに考えることができます。次のような思考を持っている人は、うつ病になりにくいでしょう。

子供が成長してうれしい。
子供の門出を迎えられてうれしい。
やった! これで自分の時間が増えた
子供も手が離れたし、これからどんな新しいことを始めようかな

熟年うつ病になりやすい人の思考

変化のマイナス面だけを気にしすぎる人は、熟年うつ病になりやすいと言ってよいでしょう。要注意です。

子供の顔がみられなくなってしまってサビし意。
子供を育てるのが生きがいだったのに、それがなくなってしまった。
子供もいなくなるし、もう自分の存在価値はないんじゃないだろうか。

熟年うつ病で出てくる特徴

熟年うつ病での症状は、精神的な症状、身体的な症状が中心になって現れます。
精神的な症状は、憂うつな気分、気力・意欲の低下、思考力の低下が起こり、身体的な症状としては、不眠や朝早く目覚めてしまうといったことがみられまうs。食欲もあまりなくお腹がすかないといったケースもあります。
そのほか、原因不明の体の不調があり、検査してみてもどこにも異常がみれらません。頭痛・頭重感、体がだるくなるといった症状もあります。

熟年うつ病の思考面の症状

熟年うつ病の特徴として、思考面の症状もあります。
心身の部長を「自分のせいだ」と思い込んでしまい罪悪感を感じたり、「周りの人に迷惑をかけられない」といって自分を責めたりする傾向があります。
自分にはあまり価値がないと感じるのもこの罪悪感からきています。
それ以外には、不安や焦りで頭がいっぱいになり、不安・焦燥感、イライラを感じたりします。またちょっとのことですぐ怒鳴るようになってきたりいs