読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

腸内ガスがたまったポッコリお腹に役立つ食べ方

便秘が続くと、だんだんお腹がガスによっても張るようになってきてしまいます。ポッコリお腹便秘はつらいものですが、腸内ガスを溜めず腸内環境が整ったままにしておくことが大切です。そのために役立つ食べ物やその食べ方についてご紹介します。

悪い腸内環境を整えて腸内異常発酵を抑える食べ物とは

悪い腸内環境を整えていくには、善玉菌の割合を増やし、悪玉菌の割合を減らしていかなければなりません。
そこで善玉菌の割合を増やし、腸内環境を整えるものとして、まずはヨーグルト等の乳酸菌を多く含むものが知られています。乳酸菌は善玉菌であり、直接摂取することによって体外から補給されるだけでなく、腸内環境を善玉菌優勢にしていきます。
水溶性の食物繊維を多く含むものを摂るのも、腸内環境を整えることになります。
海藻、きのこ、こんにゃく、豆、納豆、ごぼう、にんじん、おくら、切干大根、アボカド、洋ナシ、キウイ、パパイヤ、大麦等が水溶性食物繊維を多く含むもので、これら水溶性食物繊維は、善玉菌の栄養素になるため腸内環境を整える整腸作用があります。
乳酸菌と食物繊維以外でお奨めのものとしては、ニンニクとショウガがあります。ニンニクやショウガは臭い成分がありますが、それらが大腸の血流を良くして腸内細菌のバランスを整え、さらには腸を刺激することにより大腸の動きを活発にしてことで腸に溜まったガスを出すのを助けてくれます。

腸内異常発酵させない食べ方とは

腸内ガスを抑えるには、腸内環境を整える物を食べる以外に道はありません。
悪玉菌の栄養となる過剰なたんぱく質摂取を抑えることが重要で、悪玉菌優勢の腸内環境にしないことが非常に大切です。
なぜ肉を食べ過ぎると良くないのかというと、肉類のタンパク質は腸内で分解されるとアンモニアインドールスカトールといった体にとってはあまり良くないガスになりってしまいます。こうした有害なガスが便秘で腸内に溜まると、やがて血中から吸収され全身を回っていきます。そうすると起こってくるのが、肌あれや頭痛などです。
アンモニアインドールスカトールといったガスは臭いのもととなり、肉たんぱく質が腐敗してでてきたインドールは特に臭く、臭いおならの元にもなります。
よく肉食が多い食事をしたあとだと、臭いおならが出ることが多い状態は、大腸内でインドールを発生させてしまいます。
さらに食事のスピードはゆっくりとよく噛んで食べるようにすることが効果的で、早食いをすると食べ物と一緒に空気も飲み込んでしまうため、げっぷや腸内ガスの原因にもなります。

腸内にガスがたまっているときの有用なサプリメントとは

数多くあるサプリメントの食材の中でも腸内ガスに良いとされているものもあります。
アカメガシワは、医薬品としても使われ、胃液の分泌を抑えるとともに、大腸の便を軟らかくし、排便を促し、腹部のガス症状を改善する効果が報告されています。
ケフィアは発酵乳の一種で腸内環境を整える働きがあります。ケフィアは乳酸菌と酵母を含むケフィアグレインを生乳に入れて発酵させることによって作られていていて、腸内環境を整えるための様々な種類の乳酸菌や酵母が含有されています。