読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

場の雰囲気を和ませるちょっとしたジョーク集

最近、世の中がギスギスしていると感じている人もいるかと思います。そんな世の中の円滑油となりうるのが、ユーモアやジョークといったものです。
場の雰囲気が悪くなったといでも、ちょっと機転の利いたジョークやユーモアで、その場の雰囲気を一変させることだってできるものです。
今回は、ちょっとしたジョークの数々をご紹介してみようかと思います。

ジョークのご紹介

職場ジョーク その1
上司 : 今朝遅刻したのは、いったいどういうわけだ!
部下 : あの・・・、寝過ごしました。
上司 : なんだね、君は家でも寝とるのかね!

職場ジョーク その2
部下 : ♪♬♩♬~
上司 : おい、仕事をしながら口笛を吹く奴があるか!

部下 : 安心してください、私は仕事などしておりmさえん。ただ口笛を吹いていただけです!

職場ジョーク その3
上司 : おまえらは、そろいもそろって遅刻とは・・・ なぜ遅刻したんだ! 鈴木!
鈴木 : はい、私、極めて重要な社名を帯びてアメリカにたつ夢を見ていました。
     ところがなかなか飛行機が飛び立たないのでなんとかしようと・・・
     そう思っていましたところ、つい寝過ごしてしまいました・・・
上司 : もういい! 佐藤! お前はなぜ遅刻したんだ!
佐藤 : はい、私は鈴木君を見送りに行っておりました。。。

職場ジョーク その4
上司 : おい、おまえ昨日病気だと言って会社を休んだな
部下 : はい、そうです。病気でした。
上司 : 実は、昨日の午後、競馬場でおまえを見かけたぞ

     そのとき、ピンピンしてはねまわっていたぞ。とても病気には見えなかったがのう
部下 : いえいえ、第五レースが終わった後の私をご覧になっていたら、そんなことはとても言えないはずですよ。
上司 : ・・・

その他のジョーク その1

若い男がふたり、暗くなるのを待って柿を盗みにいった。
男1 : いいか、おれが上に登って柿をはたき落とすから、おまえは下で拾え
男2 : がってん承知のすけ!

木に登った男が棒ではたくと、柿はコロコロ落ちる。
下の男はあわてて拾おうとするが、暗がりに足をとられて溝に落ちてしまう。
男は上に向かって、声をおさえながら言った。

男2 : おーい、落ちた、落ちた
男1 : 棒ではたいているんだから、落ちて当たり前だ
男2 : 違うんだ、溝に落ちたんだ
男1 : 溝に落ちたのは汚いから捨てておけ!

その他のジョーク その2

結婚を約束した男性が、女性の両親のもとに挨拶に行った。
男性 : お父さん、お嬢さんと結婚させていただきたいのですが
父親 : 若いの、君は私の妻には会ったのかね
男性 : はい、でもやはり僕はお嬢さんのほうがいいんです。