読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

作り笑いは意外と難しい、その見破り方と注意点

この世の中は、人間関係を円滑に進めるために時には「作り笑い」というものも必要なときがあります。
ひどい人になると、人間関係の99%は偽りの人間関係であり、建前の世界だという人もいるくらいです。
まあ、いずれにしろ、面白くもないのに、楽しくもないのに笑顔を作るというのが大人としてのマナーであり、作り笑いの一つもできないようじゃ、「まるで子供」みたいな言われ方をしてしまうこともあるでしょう。

作り笑いの見破り方

それでは、あなたの目の前の人が、本当に嬉しかったり、楽しかったりして笑っているのか、それとも内心は面白くなかったり、楽しくなかったりするのに、一応大人の対応として笑顔を見せているのか、どうやったらわかるのでしょうか。
もちろん、100%見破れたらすごいことですが、それはなかなか難しいことです。
でも100%まではいかなくても、作り笑いの確率が高いといったケースはやはりあります。

作り笑いの可能性が高いケースとは

作り笑いをしてその場をとりつくろうことが良いか悪いかは別として、ふとした瞬間、真顔に戻って笑顔が消えているとき、またこちらが話しかけたり、目と目を合わせたりした瞬間に急に笑顔になるような場合は、作り笑いの可能性が高いと言えるでしょう。
あと逆に、
ずっと笑顔でいる場合も不自然です。本当の心のそこから出てくる満面の笑みなんていうものは、よほど嬉しいことでもない限り、そんなに長続きしないものです。
いずれにしろ、なんか不自然な感じがした場合は、作り笑いという可能性が高いといってよいでしょう。

作り笑いに大切な3つのタイミング

作り笑いがバレやすいタイミングは、笑顔になるとき、笑顔でなくなるとき、笑顔でいる時間、つまり、開始時間、持続時間、消滅時間が重要です。
とはいっても、笑顔になるまでの時間や笑顔を持続させる時間、笑顔を消していく時間などは、はっきり何秒が良いといった法則性や公式はありません。
相手や話題になっている内容によっても変わってくるからです。

作り笑いがバレやすい笑いの終わり

相手がウケを狙ったときにタイミング良く笑うことができ、その後も笑顔を必死でつくり話も盛り上がり、いよいよ話が終わった瞬間、作り笑いをしてがんばってきた表情をいきなり解いてしまうと、「あれだけ笑っていたのに、余韻がまったくない。。。」ということになっていまいます。
最後は話が終わり、顏の筋肉をひきつらせながらも頑張って努力していればいるほど、ほっとしてしまい、思わずいきなり素に戻ってしまい、それを見破られてしまうということが多くあります。
作り割りをするなら、最後まで気を抜かないということになるのでしょうあ。