読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

SEOとサイト作成ソフト、シリウス(SiriuS)

サイトを立ち上げて、せっかくであれば多くの人に見に来てもらいたい。
そんなことを考えてときに、重要になってくるワード、それがSEOです。

SEOの重要性

SEOとは、"Search Engine Optimization"の略です。日本語に直すと、検索エンジン最適化ということになります。
つまり、GoogleYahoo!のような検索エンジンに検索されやすくするために、ルールに則って最適化したサイトを作ることにより、サイトを検索エンジンの検査結果の上位に表示させることができるというものです。
当然、検索エンジンの上位に表示されれば、訪問者も増えてきます。

なぜSEOが重要なのか

それは、サイトへの訪問者に大きく関係してくるからです。
あなたが、調べ物があってサイトを訪問するとき、たいていはGoogleYahoo!などの検索エンジンで検索して訪問していると思います。多くの人はURLは覚えません。
よほど短くて覚えやすいものか、あとはせいぜい自分のサイトぐらいしか覚えていないでしょう。だからこそ、検索エンジンで上位に表示されることが、サイトへの訪問者アップにつながるのです。
サイトへの訪問者が増えれば、モチベーションも上がってきます。

おさえておきたい検索エンジン

実は、検索エンジンは沢山ありますが、押さえておきたい検索エンジンは、次の3つです。

なぜかというと、日本では検索エンジンの利用シェアを分析すると、GoogleYahoo!で90%強になっているからです。
これに、Bingが5%前後のシェアですから、この3つを押さえることで、95%以上のシェアを押さえることができることになります。
さらには、Yahoo!Googleの検索技術を導入しているので、日本の検索エンジン対策で考えると、Yahoo!対策は、ほぼGoogle対策と同じと考えてよいでしょう。

SEOに有利な記事タイトルとは

検索エンジン対策を考えたとき、記事のタイトルはかなり重要になってきます。
記事のタイトルを変えただけで、アクセス数が5倍になったなんていう例もよくあることです。
それでは、SEOに有利なタイトルのつけ方とはどのようにすれば良いのでしょうか。

SEOに有利な記事タイトルのつけ方のコツとして、キーワードの使い方があります。

トップページにSEO対策したいキーワードを入れる

SEO対策したいキーワードはサイトのタイトルやトップページに入れていると思いますが、記事のタイトルにも、そのキーワードを入れると良いでしょう。
例えば、英会話に関するサイトを作っているとするならば、記事タイトルも「英会話」というキーワードを入れたタイトルにします。

 

ニッチなキーワードで上位表示を狙う

SEO対策したいキーワードに加えて、2~5つ程度を組み合わせてタイトルをつけていきます。
例えば、美肌と紫外線対策に関する記事の場合、「美肌と紫外線対策について」というタイトルではなく、次のように考えます。

「紫外線 日焼け止めクリーム 避ける」
「美肌 クリーム 紫外線」
「日焼け止めクリーム オススメ 美肌」
こういった感じで、美肌以外にも、紫外線、オススメ、クリームといったキーワードを入れていくようにします。

記事中のキーワードの入れ方

タイトルだけでなく、記事の中にもキーワードを盛り込んでいくことがポイントになります。
最低でも2回は記事中にキーワードをいれておくと良いでしょう。
多く入れればいいというものではなく、不自然に多くいれるとペナルティとなることもあるので注意が必要です。

何よりも有用な記事を書くことが一番大切

SEO対策では、記事中のキーワードの比率なんてことも言われますが、それよりも有益な記事を書くことに力をいれたほうが良いでしょう。

サイトをサクサクと作るシリウスというソフト

ブログであれば、簡単に記事が追加できるので便利ですが、いざサイトを立ち上げようとすると、新しいページや記事を作るたびに、メニューを見直したりしなければなりません。
メニューを組み直したりする手間を省いてくれる、サイトをブログ感覚でどんどん書けてコンテンツを増やしていけるソフトがあります。
それが、SiriuS(シリウスというソフトです。

 

3110syunyu.link