読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

告白を成功させたければ、是非知っておきたい心理学の2つの効果・法則

もうすぐバレンタインデーということもあり、恋愛に関連して告白の話を1つ

大好きな彼氏・彼女、告白するならいつにする?

大好きな彼氏・彼女がいて、でもまだ想いを伝えていない。告白をしなければというようなとき、あなたならいつ告白しますか?

1.午前中
2.お昼時
3.夕暮れ時

正解というものはないのですが、一般的には夕暮れ時の方が告白が成功する確率が高いのです。
従って、もし告白しようとする相手がいる場合は、夕暮れ時から夜にかけて告白すると、成功する確率が高くなるようです。

夕暮れ時から夜にかけて告白すると、成功しやすくなる2つの理由とは

夕暮れ時から夜にかけて告白が成功するといっても、それはあなたの主観でしょ!と思うかもしれませんが、これは主観ではなく心理学的にも夕暮れ時から夜にかけて告白すると成功する理由もきちんと説明されています。そしてその理由は2つあるのです。一つが黄昏効果、そしてもう一つがピーク・エンドの法則です。

それでは、黄昏(たそがれ)効果と、ピーク・エンドの法則について順に説明していきます。


デートの時には是非とも利用したい黄昏効果

黄昏時、つまり夕暮れ時は告白の成功率があがるので、告白をするのであれば、夕暮れ時から夜にかけてがいいですよということです。
では、なぜなのかというと、人間の身体には体内時計のリズムがあって、このリズムが一番不安定になるのが夕暮れ時なのです。
つまり夕方は、人間の思考力・判断力など活動能力が全般的に低下します。
言い方を変えれば、夕暮れ時は、理性よりも感情が強くなり、まだムードが高まってくる時間帯で、相手の本音を聞き出したり、告白を成功させるにはおあつらえ向きの時間だということです。
デートだけでなく、ビジネスで相手の本音を聞き出したいという場合にもこの黄昏効果を利用することもできるのです。

さらに夜も、暗闇の中では不安定感が増してきて、そばにいる人に対して安心感を覚えます。よくお化け屋敷などで距離が接近したというカップルもいるほどです。
加えて夜は、あまり外見がはっきり見えづらいという点もあり、相手の外見を普段よりも高く評価する傾向があると言われています。
このことからも、告白タイムに適した時間は、夕暮れ時から夜にかけてが良いということになります。

告白をするタイミングの重要性を説くピーク・エンドの法則

タイミングにおいて重要なピーク・エンドの法則は、恋愛の場面に留まらず、ビジネスのケースでも応用することができます。
どういったことなのかというと、相手の印象に残りやすいのは、何事もピークとエンド、つまり絶頂の時と最後の時だと言われています。
つまり、出会い頭に告白をするのではなく、二人で楽しい時間を過ごし、最後の告白するほうが相手に強くインパクトを与えることができるのです。
相手の気のゆるむ夕方の商談をするというテクニックもあるくらいです。