読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

ちょっとしたことで傷ついてしまう人とは

世の中にはいろいろな人がいますが、ちょっとしたことでも、すぐに傷ついてしまう人がいます。

ちょっとしたことで傷つく人の特徴

ちょっとしたことで傷ついたり、ショックを受けたりして、いつまでもその気持ちを長く引きずってしまう人の特徴としては自己評価の低さにあります。
つまり、自己評価が低い人ほど、ちょっとしたことで傷つきやすい傾向にあります。

自己評価は、文字通り自分を評価するということですが、自己評価が高い人というのは、良くも悪くも自分に自信を持っているため、物事に積極的に取り組むことができます。
一方、自己評価が低い人は、それとは逆に物事に消極的になりやすい傾向があります。
どうせ一度きりの人生であれば、人生を楽しむという意味からも自己評価が高いほうが良いでしょう。

自己評価の低い人が好む人とは

面白いことに、自己評価が高い人は、自分をよく評価してくれる人を好みます。
一方、自己評価の低い人は自分を悪く評価する人を好むといった傾向があります。
アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプ氏は、前者、つまり自己評価の高い人の典型ではないでしょうか。
自分を悪く言う人を徹底的に排除し、逆に自分をよく評価してくれる人を褒めちぎっています。
まあ、大統領の資質としては疑問符はつきますが。
人格者としてオバマ大統領とトランプ大統領を比較すると、もう比べるも失礼なぐらいだと思ってしまったりします。

認知的斉合性理論

人間の思考は、常に一貫性を求めているということを認知的斉合性理論(にんちてきせいごうせいりろん)といいます。
つまり自己評価が高い人は自分をよく評価する人を好み、自己評価が低い人は自分を悪く評価することを好むということが、心理学的にも言われています。
自己評価が低い人は、たとえ他人から褒めてもらっても素直に喜べなかったりします。逆に自分を悪く言う人に安心感を覚えたりします。
これでは、自分はダメだという気持ちがどんどん大きくなっていってしまいます。

ちょっとしたことで傷つきやすい人は負のスパイラルを断ち切れ

傷つきやすい人は自己評価が低く、褒め言葉も素直に喜べないということになり、どんどん自分はダメな人間だと追い込んでいってしまいます。
この負のスパイラルを断ち切るには、褒め言葉に対して、素直に喜ぶということをして、物事を素直に+に受け止めることをしていくと良いでしょう。

自身がある人ほど反省しないといいますが、トランプ大統領がまさにその代表と言えるかもしれません。
外罰的で、いいことは自分の手柄、何かあると他人が悪い! 人の上に立つ人格者としてはダメでしょう。

一方、なんでもかんでも自分のの責任に感じ、自分を責めてしまう人は、後悔するだけの反省はやめた方が良いでしょう。行動力の低下を招いてしまうだけです。