読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

不倫を妻に許された乙武さんが、これから妻からされることとは?

乙武洋匡さんが5人と不倫していたという報道がありましたが、さらに乙武さんの妻が謝罪したので、さらなる波紋を呼んでいます。

「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。」


乙武さんの、類まれなる好奇心

五体不満足どころか『五人大満足』だ。
不倫問題について、今や『手も足も出ない』状態。
女性に手を出した結果、芸能界からも足を洗うハメになるのだろうか。

風俗店に常連として通い、一般女性との不倫を重ねるその好奇心というか探求心にはすごいものがあります。
何せ、妻に、子供が3人もいて、しかも3人目の子供は2015年に産まれたばかり。

それでいて、5股をかけるって・・・ 普通の神経じゃ考えられません。


なぜ乙武さんの奥さんが謝るのか

乙武さんの奥さんが謝ったのは、乙武さんへの世間の風当たりをとりあえずは少し弱くしようとか、これで売名して有名になってやろうというような計算から出たものではないでしょう。
たぶん、本心からそういう気持ちだったのでしょう。

一般的に考えると、自分が不倫されていて、しかも5股をかけていた。しかも自分は不安ながらも出産し、3人目の子供が生まれたばかりのこの時期にと怒り心頭だろう。

よく夫の浮気に関して、寛容な妻もいます。
こうした寛容な妻は、夫の性的欲求に自分が応えきれないという負い目がある人が多いと言います。
実際に、乙武洋匡さんはインタビューで、奥さんの自信が無いところなどに惹かれたと言っています。

いくら、良妻賢母であっても、夜の営みがうまくいかないことが夫の浮気の原因になるケースが非常に多いと言われています。

考えてみると、乙武さんの妻は、3人の子供の面倒に加え、五体不満足乙武さんの介護まで負担がかかる。
乙武さんは夫婦間で、乙武さんの仕事が22時を過ぎる場合は、自宅に帰宅せず仕事部屋に泊まるという約束をしていたと言われていますが、こうしたことも不倫をする機会をつくっていたのかもしれません。

確かに、夫が性的に満足するような夜の営みを続けていたならば、夫も風俗店に行くどころか、近づこうともしないかもしれないでしょう。そう考えると、妻にも責任はないにしても、原因の一端はあるという考え方もあります。
しかし、出産したばかりで3人の子供を面倒みて、しかも自分も介護されている身であり、乙武さんの妻の負担を大きかったことで、すべてを求めるというのは非常に酷な話です。


乙武さんは本当に許されたのだろうか?

女性にもいろいろいますが、夫の浮気を許したという人の中で多いのが、気持ちは許さない! でも生活のため、子供のために仕方なく許してあげるわ! というパターンです。
口には出さないまでも、いつまでもいつまでも根にもちます。
最悪のケースでは、ネチネチと愚痴を重ねて、最終的には離婚ということになるケースも少なくないでしょう。

浮気をされて、本当に心から夫を許し、愛し続けるという女性は稀だと思っていいでしょう。
浮気された女性は、怒りと悲しみの感情を強く持ちます。
夫を許すと言っている女性は、言葉では許すと言っていますが、感情的には納得いっておらず、不問に付してあげてるだけです。

女性にもうよりますが、乙武さんも浮気が許されたからといって、喜んでばかりもいられないでしょう。


浮気を許された乙武さんは、今後どうなるのか

浮気を許された(不問に付された?)乙武さんの今後は、妻のパターンによって変わってきます。


経済的な面、子供の将来を考えるタイプ

ある面、怒りや悲しみの感情を持ちながら、自分や子供にとってどうしたら一番最良なのか冷静に分析しています。
しかし、どんな冷静でも浮気をされた悲しみは深く傷として残ります。
そして、ことあるごとにネチネチと愚痴られるハメになる可能性があるでしょう。
もちろん、浮気という負い目がある夫は、頭が上らず、離婚ともなれば高い慰謝料だの、養育費だのを請求される可能性もあります。

妻がプライドが高く世間体を気にするタイプ

表面上は許されますが、夫に一生をかけて浮気を反省させてやろうと強い決意を持ちます。
ちょっとでも不穏な動きがあると、容赦ありません。
そして、浮気を許す(不問に付す)とする女性には、このタイプが多いとも言われています。
もう夫は、妻に頭があがらなくされてしまいます。

夫に対して燃えあがってしまうタイプ

今まで、夫はモテないとタカをくくっていた分、嫉妬心に燃え、夜の営みが激しくなるケースもあります。
また、自分が今まで夫をかまってあげなかったからということから、その反動として、執拗なまでに夫に対して求めるようになる場合もあります。