読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

領土争いをする国、領土を盗む国、領土をプレゼントする国

領土争いで醜い争いをする国もあれば、領土を他国に譲るすばらしい国もある。
九段線とかいって、常識的にも国際的に認められない国境線を主張する愚かでお馬鹿な国もあれば、建国100年を機に自国の領土を贈呈するすばらしい国もある。

竹島で盗人行為を繰り返す韓国

日本は北はロシアとの北方領土問題、西に目を向ければ韓国との間で竹島問題、南をみれば中国との間で尖閣諸島問題を抱えている。

北方領土尖閣諸島はともかくとして、竹島に関していえば、これは明らかに韓国の言いがかりであり、実効支配したり、大統領が上陸するなんていう行為は、お下品な行為であり、韓国という国のレベルすら疑ってしまうような問題である。

事実、アメリカは、一貫して竹島は日本領だと行っているし、世界大戦後、アメリカ主導で行われた三プランシスコ講和条約で、日本は済州島、巨文島、鬱陵島と含む朝鮮の一切を放棄したとしているが、竹島はその島々から除外されている。
このことは、中国も認めていて、竹島は日本領という見解である。

世界の二大大国であるアメリカも中国も、このような見解なのに、大統領が上陸し、独島(竹島の韓国での呼び方)は我が韓国領土であると主張する稚拙さには呆れかえるしかない。

すでに韓国は施設を建設しており、東島には警備隊宿舎、灯台、ヘリポート、気象観測台、船舶接岸施設、送受信塔、レーダーなどを設置し、西島には韓国領土を主張する漁民が宿舎をかまえ居住している。
盗っ人猛々しいとはまさに、韓国のことを言うのであろう。

建国100周年のプレゼントに、領土をプレゼントする粋な国

世界どこを見ても自分の国の領土や主権を拡大することばかりに力を注いでいる低レベルな国々が多いなか、さすが!と思われる行動をしたのが、いろいろな面で世界一進んでいるといわれている北欧の中のノルウェーです。

隣国のフィンランドが建国100周年になるのを機に、領土の一部を贈呈しようというのだからスケールが違う。
贈呈されるのは、ノルウェーフィンランド国境にあるハルティ山の山頂です。

f:id:yakujiman:20160731112358j:plain

ここはライスダッターハルディとして知られていて、ハルティ山の本来の頂上として標高が1365mあります。
ここは、ノルウェー領となっていて、フィンランドの最高峰はこの山の峰の一部であるノルウェーとの国境のハルディットソッカとして知られる1324mの峰のところになります。

フィンランドノルウェーからこのハルティ山の頂上である1365mを贈呈されれば、ここがフィンランドの最高峰ということになります。
何とも粋なプレゼントです。

ノルウェーフィンランドをはじめ、スウェーデンデンマークアイスランドは北欧5カ国と言われ、非常にお互いに仲が良い国になっています。
ノルウェーアイスランドはEUに加盟していないとか、スウェーデンフィンランドNATOに加盟していないといった違いはありますが、お互い仲がよく、世界的にみても最も成熟した国々といっても良いでしょう。

贈呈される地域が、資源が豊富というわけではなく、単なる山頂としての観光スポット的な意味あいなのですが、世界中、資源をめぐり国境争いしているような所が多い仲で、なんとも微笑ましいニュースです。