読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

SEOの観点から好ましくない外部対策とは

SEOは、インターネットでブログやホームページを作ったことがある人であれば、一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。
また、せっかく作ったブログやホームページであれば、どのぐらいの人が訪れてくれているのだろうということは、気になるものです。

SEOとは

SEOは、Search Engine Optimiztion の略で、そのまま直訳すると検索エンジン最適化ということになります。
最近は、誰でも、どこにいても、ネット環境がつながるところであれば、多くのことがインターネットを通して調べることができます。

そして、多くのことを調べるときに利用するものといえば、Google や Yahoo! あるいは、B-ing といった検索エンジンです。
そしてこれらの検索エンジンの検索結果に、自分が作ったブログの記事やWebサイトがなるべく上位に表示されるように、そのWebサイトを最適化することで、多くの人の目にとまり、自分のブログやWebサイトを閲覧してくれる人の数が増えるというものです。

つまり、SEO対策をすることで、自分が書いたブログ記事を読んでくれたり、作成した Webサイトを見てくれる人が増えるというわけです。

ましてや、Webサイトを商売・ビジネスに使っていたり、ブログでアフィリエイト収入を得ようとしていたりする場合、なるべく多くの人に見てもらった方が収入が増える可能性が高くなるというものです。

本当にSEO対策をして効果があるの?

よくSEO対策とかいうけれど、そんなことをして効果が本当にあるのだろうかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、実際にソウルドアウト株式会社が2015年1月に行ったアンケート調査によると、マーケティング・販売促進施策の中で、最も効果があったと感じた施策としてあげられたのが、SEO対策であるという結果もでています。

SEO対策での問題点

それならばと、検索エンジンがどうやって上位表示させるかということを決めるアルゴリズムの裏をかき、低品質のWebサイトを量産し、それで広告料を取ろうとしたりする人たちが増えてきました。
そこで、最近では、こうした質の低いページにはペナルティを与え、しっかりとした閲覧者の人に役に立つ内容の記事やコンテンツ、またユニークなコンテンツを評価するようになってきています。

間違った外部対策としての外部リンクの購入

検索エンジンがコンテンツ重視という形に以降してきている状況がある一方、まだまだ人間のように正確に言語を理解しきれない部分もあり、検索エンジンがWebサイトなどの価値を判断する場合、そのサイトが他のサイトからどのくらいリンクされているかということも基準になっています。
昔ほど、重要度は減っているものの、以前、SEOを考える際にははずせない要素になっています。
これに目をつけ、大量にサイトを作っている業者にお金を払って、そこから自分のブログやホームページにリンクを貼ってもらおうという行為がある。
しかし、もしこうした不正がわかった場合は、ペナルティなどが化せられる。検索エンジンは、利用する人に適切で有益な情報を提供するという考えから、こうした外部リンクの購入は、こうした検索エンジン側の理念に反した行為なのです。

したがって、外部リンクの購入などはリスクが高く、また不自然なリンクはペナルティの対象にもなってしまいます。