読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康・美容・賢脳

健康・美容・賢脳に関連したポータルとして、知識や情報、トピックスを提供していきます。

ハニートラップに引っかかる男、美人でもなく性格も良くない女が男を虜にする

ニュースで、複数の男性を騙して、大金を貢がせていた女が詐欺師として報道されたりしている。
その犯人の顔をニュースなどで見てみても、美人というわけでもないし、見た目からですが性格が良いとも言えません。
なぜ、こんな女に複数もの男が、コロコロと引っかかってしまったのでしょうか。

女性から見れば、なおさら、なんで男どもは、あんな美人でもなく、どちらかというと太っていて、だらしなさそうな、性格もとても良いとは言えそうもない女に、さっさと貢いでいるのかしら?と不思議でたまらないかもしれません。

男を虜にした女が使った魔法とは

どうみても、何か魔法のようなものを使ったか、催眠術ができて、男の人に催眠術でもかけていたんじゃないか?と思われがちです。
しかし、複数の男に貢がせていた女は、別にマジシャンでもなければ、催眠術ができるわけでもありません。
実は、ちょっとした心理トリックを使っていたのです。

それが、『ゲイン効果』

普通、初めての人と会うとき、特に相手に気に入ってもらおうと思っているときは、第一印象を良くしようと考えます。
やはり、人間は初対面、つまり第一印象が大事ということはすでにわかっています。

しかし、『ゲイン効果』を使う魔女は、そんなことは考えません。
それどころか、あえて「負の印象」から入ろうとします。

ゲイン効果の魔術

つまり、最初、男に、ブスのまま、太ったまま、だらしないままの自分を見せるのです。当然、男からの評価は低くなります。
そして、徐々にいい面を見せていくのです。

ちょっと知的なことを言ってみたり、ふとした仕草に上品さを漂わせたり、親切にふるまったり。。。
すると、男は「意外と素敵な人だな」と徐々に印象を変えていき、ポイントがどんどんと上がっていきます。
そして、気がつくと、虜になっているというわけです。

この方法は、詐欺師の常套手段とも言われているので、お心当たりのある男性は、お気をつけを・・・

特にひっかりやすいタイプ

こうした詐欺師にひっかかりやすい性格というものがあります。
ひっかかりやすい人は、会社やビジネスの社会でもあるいわゆる「ハニートラップ」にも引っかかりやすいので注意が必要です。
すぐに人を信用して失敗してしまうような、石橋を叩かずに渡る人は要注意です。
石橋を叩きすぎて壊してしまったり、石橋を叩きもせず渡りもしない人も問題ですが、叩かずに渡るのも問題です。

武田鉄矢のいた海援隊の大ヒット曲『贈る言葉』には、次のような歌詞があります。

♪信じられぬと嘆くよりも 人を信じて傷つくほうがいい~ 

確かに美しい歌詞ですが、信じてちょっと傷つくぐらいならいいですが、大きな実害がでるようであれば、やはりそこは石橋を渡る前に、叩いてみることも大切なのでしょう。